• 家族葬と価格競争が激しい葬儀業界

    葬儀業界は、費用の総額が年々定額になっている背景に家族葬や直葬、ゼロ葬などの簡略化された葬儀が増加しているだけで無く、異業種からの参入などにより大きな変革の時を迎えています。

    毎日新聞に関するアドバイスです。

    家族葬自体は、参列者を家族や親族など極限られた人達だけにした規模の小さな葬儀の形で、一般葬と流れは全く変わりが無いのが特徴ですが、費用的には大きく異なり経済的な問題の解消に繋がっており、都市部を中心に増加しています。



    葬儀は、肉親の遺体の引き取りの際に医療機関から葬儀業者を紹介され、紹介された葬儀業者に依頼する人達がほとんどなのです。



    その為、遺族のイメージする葬儀よりも盛大で質の高い葬儀になってしまうので、医療機関への紹介料名目のバックマージンを含め割高になる事が多々ありましたが、インターネットが普及した現在では祭壇や棺など家族葬に必要な物の種類や特徴が明確に掲載されているので、従来の様に暴利を毟り取られる事は少なくなっています。

    しかし、インターネット上の業者のセットプランは一様に同じセット価格になっているので、業者の事業規模やネームバリューなどで判断してしまう事になるので前もって比較して葬儀業者を決めておく必要があります。又、家族葬は、友人や知人へも連絡しないケースがほとんどで参列者が極限られてしまうので、今後の人間関係に悪影響を及ぼすケースも少なくないとされているので、葬儀後の対応もしっかりと準備しておく必要があります。