• 父の葬儀で家族葬を選ぶメリットとは何ですか

    父の葬儀で家族葬を選ぶと、親しい人達で行われる、スピーチがしやすい、終わりのほうで位牌と写真を頂けるなどのメリットがあります。
    家族葬は家族と親族、父が生前から親しく付き合っていた人で行われる儀式です。

    周囲は皆顔見知りなことから、静かに儀式が進められていくのが家族葬の特徴です。

    日本経済新聞に関するお役立ち情報サイトです。

    ですが、精進落としの席は宴会騒ぎになるので注意です。
    親族達と飲み会をするのは滅多にないことなので、大きな声を出しながら酒を飲む人も出てきます。

    また、一般葬のように顔を合せたことがない人がほぼいないため、告別式の際のスピーチがしやすいです。



    緊張をして言葉が出ない状況になったとしても、親族の中から助け舟を出してくれたり、代わりにスピーチをしてくれる期待ができます。


    ただ、どちらの場合も助けてもらったことになるので、助けてくれた人に感謝したほうが無難です。

    その時は、肩を叩きながら笑って済ましてもらえると思われます。

    家族葬の終わりのほうで、葬儀会場の業者から位牌と父の写真を頂くことができます。



    位牌は主に親族達が受取り、写真は父の友人や知人が受取る場合がほとんどです。位牌はそれぞれの家の中に置いてある仏壇に置かれて、毎朝お線香をあげたりして拝むことになります。

    位牌を毎朝拝んでいると、悲しい気持ちや寂しい思いなどが徐々に消えていく効果が期待できます。写真のほうは、室内の見えやすい位置に飾っておくと、故人のために頑張ろうという意欲が自然と湧いてきます。